--

スポンサーサイト

スポンサー広告  コメント(-)  トラックバック(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
24

TRION Newバッテリー

TRIONから新しいバッテリーが発売されました。
20140124183807431.jpg

このバッテリーは容量を7000から6000に下げても80Cは変わりません。このバッテリーはとにかく軽い!一昨年の5000の75Cバッテリーよりも軽いです。

以前はパンチありありの7000のバッテリーを使っていましたが、切り返しや180度ターンが連続の小さいコースだとどうしても左右のバランスが取れずに悩んでいました。私は普段から5000をメインに使ってました。

今月のハッピーニューイヤーレースのモディファイクラスで、容量7000と今回の新しい6000と普段使ってる5000のバッテリーを実戦比較してみました。と言っても自身もシャーシもいきなりのモディファイレースなので大丈夫か?でしたが良い感じで比較出来ました。

まずは5000ですが、普段メインに使ってるので普通に走ります。
6000にチェンジして重量を量って5000の重量に合わせる為にウエイトを貼りました。放電特性なのかかなり扱いやすい!予選2ラウンド目を2位ゴール。
練習中に7000を使ってみます。シャーシウエイトを7000用に合わせて走行。やはりパンチあります。ただ、私のウエイトの載せ方が悪いせいか、左右の曲がりが合ってなくて難しい。
次に6000に貼ったウエイトを外し、規定重量に合わせて走行。これが一番良い!決勝はちょっとイケるんじゃないかとワクワクでしたがリタイア。悔しかったな~(笑)

今回の新しい6000でストックでは?
地元から近いサーキットのラボで17.5Tゼロタイミングで走ってみます。これがパンチありましたね~!ラボのツーリングレギュはギヤ比4.0のモーター進角0ですがかなり良いタイムが出ました。7000でも走ってみましたが6000の方が軽快に走ります。

トータルでは6000がストックとモディファイ両方タイムアップ出来ましたので、やはり私的には待ってましたの6000の80Cが一番です。
BD7-2014はバランスが良いので、私は簡単にウエイト貼って規定重量に合わせて走ってますが、曲がりが変わったり妙な動きは一切しなくなりました!


因みにですが、あまりやらない方がいい事は、容量の違うバッテリーを交互に走らせたりする事です。
各メーカー重量がバラバラなので、走る度に違うバッテリーを使うと左右の曲がり変わったりします。セットなのかシャーシなのかバッテリーの重量なのか迷うので、バッテリーは統一するのが最適ですね!

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://7328.blog40.fc2.com/tb.php/995-e5b04a1f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。