24

怒の前に

ここ福島県では原発問題で県民はかなり怒ってます。福島県の原発は東北では使われてなくて関東で使われる電気を発電してるので、原発で非難してる方々は怒りまくってます。県知事は東電の謝罪面会も拒否。今は出荷制限で野菜もダメ。福島の野菜は拒否。次はたぶん海草と魚介類でしょう。

報道では最近ベクレルと言う名前も出てきました。これは簡単に言うと放射線を出す量でシーベルトは人が受ける量です。現在の各県で検出されてるベクレルですが、ほうれん草を例に取ってどのくらいの健康被害があるのか調べてみました。

一年間放射線を受けても大丈夫な量は100ミリシーベルト。これを超えると健康被害があると言われるので基準になります。ベクレルをシーベルトに換算すると(勉強しました)、約60Kgのほうれん草を食べると健康被害があります。
まず60Kgもほうれん草を食べる人はいないでしょう。国では法律に則り出荷制限を出すのは分かりますが、説明が足りなすぎます。そして風評被害に繋がります。水道水も同じです。

福島に長崎大学の放射線専門の山下教授が入り、現在の放射線の事について各地区で講演を行っています。氏は福島の現在の放射線量はまったく心配が無く、健康被害は有り得ないと断言しました。数字だけが一人歩きをして放射線専門では無いまったくの素人が記事を書き、報道し、風評被害に陥っていると言ってました。
講演後、質疑応答で断言した事について市民から怒りのような質問が飛び交いましたが、まったく動じず断言してました。ただし、原発はまだまだ予断が許されない状態なので、数値を毎日チェックしないといけないそうです。

私は地震直後に調べていたので、現在の放射線量はまったく関係ないね!状態は知ってました。ただ、乳幼児だけは気を使わないといけないですね。うちにも最近ウロウロ歩き回る怪獣がいるので気をつけていきたいと思います。




スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://7328.blog40.fc2.com/tb.php/533-0696bb60